« 「川本裕子の時間管理革命」を読みました | トップページ | 安易なハウツー本に頼っても意味はないとわかっているのですが »

2005年11月 3日 (木)

野望あるゆえ多忙なり-とならなければ

小説家になるための努力が全く足りません。もっと野望を燃え上がらせなければなりません。これからは、睡魔に負けず読んで読んで読みまくり、書いて書いて書きまくります。小説が進まないときは、ブログをもっと書くようにします。12月はいくつかの文学賞の締め切りがあります。日々の努力を作品として結実させなければ!

« 「川本裕子の時間管理革命」を読みました | トップページ | 安易なハウツー本に頼っても意味はないとわかっているのですが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61693/6883499

この記事へのトラックバック一覧です: 野望あるゆえ多忙なり-とならなければ:

« 「川本裕子の時間管理革命」を読みました | トップページ | 安易なハウツー本に頼っても意味はないとわかっているのですが »