« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月28日 (火)

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」で脳を鍛えています

昨年夏にNINTENDO DSと「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を購入しました。初めは脳年齢50歳以上でしたが、数日後には脳年齢20歳になり、その後はほぼ毎回脳年齢20歳を保っています。トレーニングの成績は必ずしも良くないのですが、脳年齢チェックの問題との相性がいいのかもしれません。でも確かに一生懸命問題に取り組むと脳が鍛えられるような気分がします。普段頭を使って仕事をしているように思っていても、実際は毎日同じような活動をおこなっていて脳はあまり活動していないのかもしれません。

060328nintendo


2006年3月27日 (月)

携帯電話からの投稿

テストです。
060327_001301.jpg

2006年3月26日 (日)

デジカメのカタログをもらってきました

今使っているデジカメ(SonyのDSC-P8)は買ってから3年ほど経つので、そろそろ新しいカメラを買おうかと思っています(近々海外出張がありそうなので)。そこで、昨日近くのノジマに行ってカタログをもらってきました。今のところSonyのT9を買おうと思っています。価格は35000円くらいです。

060326catalog


2006年3月23日 (木)

第103回文學界新人賞締切まであと99日

二桁になってしまいました。今日も何も書けませんでした。

2006年3月16日 (木)

第103回文學界新人賞締切まであと106日


書けない!

今年は私にとって奇跡の年になるのだろうか?

2006年3月13日 (月)

「敗戦日記」と「クレーム管理」(本日購入した本)

「敗戦日記」(高見順著、中公文庫)と「実践現場の管理と改善講座6クレーム管理[改訂版]」(名古屋QS研究会編、日本規格協会)を購入しました。

haisennikki

「敗戦日記」は衝動買いですが、文藝春秋4月号の「特集日記礼賛」の影響を受けていることは確かです。この特集のなかの「日記読み達人が選ぶ三十冊」という記事に載っていた本を何冊か買おうと思ったのですが、いずれも書店に在庫がなく、たまたま目に付いた「敗戦日記」を買ってしまいました。最近高見順に興味を持っているせいもあるかもしれません。

「クレーム管理」は仕事の関係で買いました。

Amazonへのリンク:

敗戦日記敗戦日記
高見 順


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クレーム管理クレーム管理
名古屋QS研究会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文藝春秋 04月号 [雑誌]文藝春秋 04月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年3月12日 (日)

ホワイトデーに日本橋文明堂の「特撰ハニーカステラ」を贈ることにします

知り合いの女性から、バレンタインデーに帝国ホテルのチョコレートをいただきました。もちろん義理チョコだと思いますが、帝国ホテルのチョコレートのお返しとなると、いいかげんなものは贈れません。帝国ホテルに対抗できるチョコレートのブランドとしてはゴディバ(GODIVA)くらいしか知りませんが、1月の彼女の誕生日にゴディバのチョコレートを差し上げているので、ホワイトデーにまたゴディバというわけにはいきません。

そこで、彼女は和菓子が好きなので、ブランドには特にこだわらずに、和菓子のなかで自分がいちばんおいしいと思うものを贈ろうと思いました。「いちばんおいしい」と考えて頭に浮かんできたのは、日本橋文明堂の「特撰ハニーカステラ」です。これなら値段も帝国ホテルチョコレートと釣り合いがとれますし、和菓子好きの彼女ならきっと喜んでくれると思います。それに、文明堂って、ブランドとしてのステータスも結構高いですよね。

昨日、お店に行って「特撰ハニーカステラ」を買ってきました。3月14日に彼女に渡すつもりです。

益田ミリさんの「わたし恋をしている」だけ立ち読みしました

書店に「ダ・ヴィンチ」4月号を買いにいったのですが、特集の「文化系女子としたい」というのがなんだかピンとこなくて、ぱらぱらとページを捲って結局買うのを止めました。ただし、益田ミリさんの「わたし恋をしている」は毎号読んでいるので、そこだけ立ち読みさせていただきました(ダ・ヴィンチさんごめんなさい)。

ミリさんの「昨日うまれた切ない恋は」の続編が早く出版されることを望んでいます。

Amazonへのリンク:

昨日うまれた切ない恋は昨日うまれた切ない恋は
益田 ミリ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年3月 7日 (火)

「PCMODE」2006年4月号の「PDF特集」は役に立ちました

はじめて「PCMODE」(ピーシーモード、毎日コミュニケーションズ刊)を買いました。「本気でPDF」という特集が、とても詳しくてわかりやすそうだったからです。特に18種類のPDFソフトの機能比較表は、今後PDFソフトを選択する際に役立ちそうです。

特集を読んだ後の私の結論としては、
「とりあえずPDFに変換できればOKならばソースネクストの『いきなりPDF2』」、
「豊富な機能を出来るだけ安価でというならばソースネクストの『いきなりPDF COMPLETE』」、
「価格にはこだわらないのでとにかく多機能と信頼性を望むならば『アクロバットプロフェッショナル』
ということになりました。

この特集で紹介されている主なPDFソフトは以下のとおりです(Amazonへのリンクになっています)。

PDF2Office Personal Version 2.0PDF2Office Personal Version 2.0


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Acrobat Elements 7.0 日本語版 Windows版Acrobat Elements 7.0 日本語版 Windows版


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
書けまっせPDF for windows書けまっせPDF for windows


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
リッチテキストPDF V1.1リッチテキストPDF V1.1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かんたんPDF編集かんたんPDF編集


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
pdMaker for officepdMaker for office


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Justsystem PDF Suite for Windows CD-ROMJustsystem PDF Suite for Windows CD-ROM


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF 2 (説明扉付きスリムパッケージ版)いきなりPDF 2 (説明扉付きスリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF Professional 2 (説明扉付きスリムパッケージ版)いきなりPDF Professional 2 (説明扉付きスリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF to Data (説明扉付きスリムパッケージ版)いきなりPDF to Data (説明扉付きスリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF to Data Professional (説明扉付きスリムパッケージ版)いきなりPDF to Data Professional (説明扉付きスリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF FlashPaperいきなりPDF FlashPaper


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF EDIT! (説明扉付きスリムッパッケージ版)いきなりPDF EDIT! (説明扉付きスリムッパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いきなりPDF COMPLETE (説明扉付きスリムパッケージ版)いきなりPDF COMPLETE (説明扉付きスリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エキスパート PDF 2 Professional版エキスパート PDF 2 Professional版


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
まとめて瞬間PDFまとめて瞬間PDF


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
やさしくPDFへ文字入力 フォーム入力用 v.3.0やさしくPDFへ文字入力 フォーム入力用 v.3.0


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PDF ExpressPDF Express


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Adobe Acrobat 7.0 Standard 日本語版 Windows版Adobe Acrobat 7.0 Standard 日本語版 Windows版


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Adobe Acrobat 7.0 Professional 日本語版 Window版Adobe Acrobat 7.0 Professional 日本語版 Window版


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年3月 5日 (日)

黒門先生に占ってもらいました

以前「スーパーテレビ」というテレビ番組で「黒門」という名前の占い師のことを放送していました。威張り散らすようなところもなく、店が繁盛するようになる秘策をいろいろと披露していたので、出来ればいちど占ってもらいたいなと思っていました。

Niftyの中にその黒門先生の占いサイトがあることを知り、試しに占ってもらうことにしました。いろいろなメニューがあるのですが、今回は八字推命という占いの「超細密!黒門が解き明かすあなたのすべて」というものを試してみました(税込みで1050円)。こちらから入力するのは自分の性別、生年月日時、出身地のみです。アウトプットとして、かなり長文の説明が出てきます。

当たるか当たらないかについては何も言えませんが、説明の分量からいって、1050円ならそんなに高くないなと思いました。私の場合はかなりあたっていると思いました。

興味のある方は試してみては如何でしょうか。

占い@niftyのURL: http://uranai2.nifty.com/

2006年3月 3日 (金)

「頭のいい人のブログ 悪い人のブログ」を読みました

「頭のいい人のブログ 悪い人のブログ」(天野優志著、徳間書店)を読了しました。自分のブログを多くの人に読んでもらう方法として、まず次のふたつのことを薦めています。

1.自分の(現実世界の)友人にメールを送って、自分のブログを紹介する
2.自分のテーマと関連したブログを訪れ、コメントを残し、さりげなく自分のブログの宣伝もする

2番目のほうは知っていましたが、最初の「自分の友人に知らせる」というのは考えつきませんでした。実際のところ、私はブログを作っていることを周りの人にほとんど言っていません。知っているのはごく少数の人だけです。

あまり身近な人には宣伝したくないので、既にブログの存在をおしらせしている人にたいして、「たまにはブログを見に来てください」とお願いするメールを送ることにします。

Amazonへのリンク:

頭のいい人のブログ 悪い人のブログ頭のいい人のブログ 悪い人のブログ
天野 優志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年3月 2日 (木)

ネットアドバンスから図書カードが届きました

本日、株式会社ネットアドバンスから図書カード(1000円分)が届きました。「ジャパンナレッジ」(百科事典などのデータベースサイト)に入会後13ヶ月経過した人へのサービスだそうです。今後1年を経過するごとに図書カード(金額は毎年1000円ずつ上がる)をくださるそうです。でも、出来れば会費を安くしてくださったほうがもっとうれしいですね。

ジャパンナレッジ(Japan Knowledge)のURLは以下のとおりです。
http://www.japanknowledge.com/

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

PR(Amazonへのリンク)

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Facebook

無料ブログはココログ