« 2017年12月 | トップページ

2018年5月

2018年5月13日 (日)

私が所有している「佐藤優さんの著作」

重複買いを防ぐため、佐藤優さんの著作で所有しているものをまとめた。
(2018年5月13日作成、5月20日、5月27日、5月28日、6月2日、6月20日、6月25日、7月16日追記)

〈単行本、選書〉
■蘇る怪物[リヴィアタン] 私のマルクスロシア篇(文藝春秋)
■僕らが毎日やっている最高の読み方(池上彰、東洋経済新報社)
■学生を戦地に送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む(新潮社)
■死を笑う うさぎとまさると生と死と(毎日新聞社)
■人たらしの流儀(PHP)
■読書の技法(東洋経済新報社)
■十五の夏(上)(幻冬舎)
■十五の夏(下)(幻冬舎)
■高畠素之の亡霊(新潮選書)
■神学の技法(平凡社)
■平成史(片山杜秀、小学館)
■「日本」論(KADOKAWA)

〈文庫〉
■獄中記(岩波現代文庫)
■偉くない「私」が一番自由(米倉万里、文春文庫)
■私のマルクス(文春文庫)
■交渉術(文春文庫)
■甦るロシア帝国(文春文庫)
■新・学問のすすめ 脳を鍛える神学1000本ノック(文春文庫)
■「知的野蛮人」になるための本棚(PHP文庫)
■国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて(新潮文庫)
■功利主義者の読書術(新潮文庫)
■いま生きる「資本論」(新潮文庫)
■聖書を読む(中村うさぎ、文春文庫)
■悪魔の勉強術 年収一千万円稼ぐ大人になるために(文春文庫)
■死を語る(中村うさぎ、PHP文庫)
■北方領土特命交渉(鈴木宗男、講談社+α文庫)
■亡命者の古書店 続・私のイギリス物語(新潮文庫)

〈新書〉
■大日本史(山内昌之、文春新書)
■ぼくらの頭脳の鍛え方(立花隆、文春新書)
■新・戦争論(池上彰、文春新書)
■佐藤優の集中講義 民族問題(文春新書)
■賢者の戦略(手嶋龍一、新潮新書)
■知の武装 救国のインテリジェンス(手嶋龍一、新潮新書)
■動乱のインテリジェンス(手嶋龍一、新潮新書)
■人に強くなる極意(青春新書)
■お金に強くなる生き方(青春新書)
■40代でシフトする働き方の極意(青春新書)
■「ズルさ」のすすめ(青春新書)
■修羅場の極意(中公新書ラクレ)
■新・地政学(山内昌之、中公新書ラクレ)
■嫉妬と自己愛(中公新書ラクレ)
■読む力 現代の羅針盤となる150冊(松岡正剛、中公新書ラクレ)
■超したたか勉強術(朝日新書)
■悪の正体(朝日新書)
■日露外交 北方領土とインテリジェンス(角川新書)
■勉強法 教養講座「情報分析とは何か」(角川新書)
■思考法 教養講座「歴史とは何か」(角川新書)
■性と国家(北原みのり、河出書房新社)
■秩序なき時代の知性(開沼博、國分功一郎、小暮太一、水野祐、与那嶺潤、ポプラ新書)
■世界史の大転換 常識が通じない時代の読み方(宮家邦彦、PHP新書)
■知性とは何か(祥伝社新書)
■武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』(原泰久、SB新書)
■日本国家の神髄〜禁書『国体の本義』を読み解く(扶桑社新書)
■世界と闘う「読書術」 思想を鍛える1000冊(佐高信、集英社新書)
■インテリジェンス 武器なき戦争(手嶋龍一、幻冬舎新書)
■牙を研げ 会社を生き抜くための教養(講談社現代新書)
■竹中先生、これからの「世界経済」について本音を話していいですか?(竹中平蔵、ワニブックス)
■なぜ私たちは生きているのか シュタイナー人智学とキリスト教神学の対話(高橋巌、平凡社新書)


■PR(Amazonへのリンク)


« 2017年12月 | トップページ