« 2019年4月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月30日 (月)

岩波書店の『続日本紀』を購入した理由

Img_6946

以前から講談社学術文庫版の『続日本紀』(全3冊、現代語訳)を持っていました。

 最近、岩波書店の『続日本紀』(新 日本古典文学大系)を買いそろえました。全5巻及び『索引年表』で合わせて6冊です。

 岩波書店版を買おうと思ったのは、『平城京一三〇〇年「全検証」』(渡辺晃宏著、柏書房)に以下のような推薦文があったからです。

この時代を詳しく知るために

『続日本紀』が最も基本的な史料。青木和夫・稲岡耕二・笹山晴生・白藤禮幸校注『続日本紀』一〜五(新日本古典文学大系一二〜一六)(岩波書店、一九八九〜一九九八年)はその最良の入門書

とりあえずは、吉備真備について書かれた部分を読んでいきたいと思っています。

2020年3月18日 (水)

『続日本紀3』『続日本紀4』『続日本紀 索引年表』が届きました

本日は、『続日本紀3』『続日本紀4』『続日本紀 索引年表』の3点が届きました(いずれも岩波書店の「新 日本古典文学大系」です)。あとは『続日本紀5』を購入すれば全巻が揃います。『索引年表』は購入するかどうかちょっと考えましたが、索引があるといろいろと調べ物に便利かなと思い、購入することにしました。
『続日本紀5』は来週購入する予定です。

Img_6880

【Amazonへのリンク】

Img_6881

【Amazonへのリンク】

Img_6882

【Amazonへのリンク】

 

2020年3月17日 (火)

『続日本紀2』(新 日本古典文学大系13)を購入しました

本日は、『続日本紀2』が届きました。

この分冊には続日本紀の巻第7から15までが収められています。年で言いますと霊亀元年から天平16年までです。

本文は、右ページが原文、左ページが書き下し文となっています。現代語訳はありません。

Img_6867

【PR】Amazonへのリンク

 

 

 

2020年3月16日 (月)

『続日本紀1』(岩波書店)を購入しました

Img_6854-1

『続日本紀1(新 日本古典文学体系12)』(岩波書店)を購入しました。

本文は、原文と書き下し文が対訳となっています。補注や付録が豊富で、解説も充実しています。

今までは講談社学術文庫の現代語訳しか持っていませんでした。岩波書店版をもっと早く買うべきだったと思います。

新刊本は少し高いので、古本を購入しました。2〜4及び別冊索引も今後購入する予定です。

 

【PR】Amazonへのリンク:

 

 

 

2020年3月15日 (日)

フロイト(小此木啓吾著、講談社学術文庫)

以前から講談社学術文庫をコレクションしています。関心のある日本史関係は新本を購入することもありますが、そのほかに古書店で100円で売られているものを見つけると必ず購入します。今までで約60冊ほど集めました。

本日古書店で100円(税別)のものを見つけたので、購入しました。

小此木啓吾著の『フロイト』です。

ネットの情報ではこの本は以前講談社の「人類の知的遺産」に収められていた本の文庫化だそうです。

「人類の知的遺産」シリーズであるならば、内容も信頼出来ると思います。

 

すぐに読む機会はなさそうですが、いずれ読みたいと思います。

 

【PR】Amazonへのリンク

 

« 2019年4月 | トップページ | 2020年4月 »