2017年7月27日 (木)

作業日誌170727  『吉備真備』を読む

2017年7月27日。

『吉備真備』(宮田俊彦著、吉川弘文館)を76ページまで読みました。藤原広嗣の乱や恭仁京についてなど。

■PR(Amazonへのリンク)

2017年6月 7日 (水)

作業日誌170607  『天平の三皇女』が届きました

2017年6月7日(水曜日)。

■『天平の三皇女』
Amazonから『天平の三皇女 聖武の娘たちの栄光と悲劇』(遠山美津男著、河出文庫)が届きました。Twitterで生駒あさみさんが同書を紹介されていて、興味を持ちました。

☆PR(Amazonへのリンク)

■『文學界 7月号』が届きました
文藝春秋から『文學界 7月号』が届きました。
とりあえず、連載まんが『文豪春秋』を読みました。
今月号でいちばん面白そうなのは、佐藤優さんの『神学の思考で『騎士団長殺し』を読む』です。

☆PR(Amazonへのリンク)

文學界2017年7月号文學界2017年7月号


文藝春秋 2017-06-07

Amazonで詳しく見る by AZlink

本日は以上です。

2016年11月20日 (日)

「奈良まほろばソムリエ検定」の必勝法

昨日(2016年11月19日)、奈良大学から通信教育部課外セミナーの案内が届きました。その封筒に「第11回奈良まほろばソムリエ検定」の実施要項・申込書が同封されていて、「ああまたこの季節になったなあ」と思いました。

Img_6952

奈良まほろばソムリエ検定(通称:奈良検定)は、以前「奈良通2級」に合格しましたが、「奈良通1級」と「奈良まほろばソムリエ」にはまだ合格していません。奈良大学を卒業することを優先させたいので、受験は次回以降にしたいと思います。

「奈良通2級」を受けた時に勉強に使ったのは、以下の2冊です。

Img_6958

『奈良まほろばソムリエ検定公式テキストブック改訂新版』(綱干善教監修、奈良商工会議所編、山と渓谷社)
『チャレンジ奈良検定出題全問+必勝整理ノート』(毎日新聞奈良支局編著、ジェイ・エヌ・エス)

■PR(Amazonへのリンク)

改訂新版 奈良まほろばソムリエ検定 公式テキストブック改訂新版 奈良まほろばソムリエ検定 公式テキストブック
網干善教,奈良商工会議所

山と溪谷社
売り上げランキング : 30894

Amazonで詳しく見る by AZlink

奈良商工会議所公認 チャレンジ奈良検定 出題全問+必勝整理ノート 2011年第5回対策奈良商工会議所公認 チャレンジ奈良検定 出題全問+必勝整理ノート 2011年第5回対策


株式会社毎日新聞 奈良支局
売り上げランキング : 572369

Amazonで詳しく見る by AZlink

奈良検定(奈良通2級)の必勝法ですが、「とにかく過去問を覚える」ということに尽きます。奈良通2級は奈良の基礎知識を問う試験なので、過去に同じ問題が何回も出題されています(すべて4択問題です)。ですから、過去問の答えを把握しておけば、同じ問題に多く出会います。

上で紹介した過去問題集には第5回までの問題が収録されています。それも含めて2016年までの全ての問題及び回答が、奈良商工会議所のホームページで見られますので、それを見て全問正解出来るようにしておけば、奈良通2級には必ず合格できると思います。

2016年5月 4日 (水)

【奈良の風景】興福寺五重塔と中金堂

2013年7月12日。

奈良大学通信教育部文学部文化財歴史学科の「文化財修復学」の授業を受けるために奈良を訪れました。授業は13日からでしたが、当日の朝の自宅出発では授業に間に合わないため、前日の12日に奈良に入りました。時間があったので奈良を散策しました。

Img_5918

夕方5時頃、興福寺を訪れました。写真は、五重塔と再建中の中金堂です。

 
 
 
■PR(Amazonへのリンク)

木製 1/75 興福寺 五重塔木製 1/75 興福寺 五重塔


ウッディージョー
売り上げランキング : 325277

Amazonで詳しく見る by AZlink

2016年5月 1日 (日)

【奈良の風景】東大寺鐘楼

2012年2月6日。

奈良・東大寺に行きました。

東大寺には既に何回か来ていましたが、鐘楼を見たのは初めてでした。南大門から大仏殿を経て二月堂、三月堂に向かうルートからは外れているので、今まで通りがかりませんでした。とても大きな鐘で、鐘楼もりっぱな建造物です。

Img_0777

Img_0780

Img_0783

■PR(Amazonへのリンク)

もっと知りたい東大寺の歴史 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい東大寺の歴史 (アート・ビギナーズ・コレクション)
筒井 寛昭,坂東 俊彦,梶谷 亮治

東京美術
売り上げランキング : 389324

Amazonで詳しく見る by AZlink

2016年4月 6日 (水)

【奈良の風景】奈良公園の鹿寄せ

Img_0593_21

奈良公園で行われた鹿寄せの風景です。ホルンの音に引き寄せられてやってきた鹿たちに、ドングリを与えています。(2011年12月4日撮影)


 
 
■PR(Amazonへのリンク)

中川政七商店 ポーチ 小紋 鹿桜色中川政七商店 ポーチ 小紋 鹿桜色


中川政七商店

Amazonで詳しく見る by AZlink

2016年2月24日 (水)

【奈良の旅】室生寺へ(2012年3月4日)

2012年3月4日。

前の晩は、新大宮駅前の東横インに宿泊しました。

東横インの朝食です。

Img_2653

朝食後、室生寺に向かいました。

新大宮駅のホーム。日曜日の朝なので、閑散としていました。

Img_2654

大和八木駅で乗換です。

Img_2657

9時に、室生寺の最寄り駅である室生口大野駅に到着しました。

Img_2658

室生口大野駅から室生寺までは、バスで行きます。バスは1時間に1本。9時25分のバスを待ちます。

Img_2661

9時15分頃バスが来ました。乗車して出発を待ちます。乗客は私ひとりでした。

Img_2719

9時25分に発車。主に川沿いの道を走りました。

Img_2666

15分くらいで室生寺前に到着しました。

Img_2667

川沿いの道を少し歩くと、朱色の橋が見えてきました。

Img_0991

橋を渡ると、

Img_2723

Img_0994

室生寺に到着です。

Img_0995
 
 
 
 
■PR(Amazonへのリンク)

新版 古寺巡礼奈良〈6〉室生寺新版 古寺巡礼奈良〈6〉室生寺
網代 智等,河野 裕子

淡交社
売り上げランキング : 175383

Amazonで詳しく見る by AZlink

2015年8月26日 (水)

【奈良の旅】東大寺:お松明が終わると鹿はもう寝る時間(2012年3月3日)

2012年3月3日。

二月堂での修二会(お水取り)のお松明が終わった後、大仏殿の方に降りてきました。

南大門を過ぎて、大仏殿交差点近くの土産物店の前の通りかかったら、道の東側の木々の下に鹿達が座っていました。眠りにつく準備のようです。日が暮れたら眠るという生活なのでしょうね。お松明の期間は夜8時頃に人がたくさん通るので、なかなか寝られないのかもしれません。

Img_2641

Img_2642

Img_2643

Img_2644


■PR(Amazonへのリンク)

2015年8月25日 (火)

【奈良の旅】東大寺:液晶がイルミネーションのように(2012年3月3日)

2012年3月3日19時。

いよいよ東大寺修二会(お水取り)のお松明が二月堂で始まりました。

Img_2480

見物に訪れた人のほとんどがデジカメやスマホで写真を撮影しているようです。カメラやスマホの液晶ディスプレイが輝いて、まるでイルミネーションのようで綺麗でした。

iPhone4Sで美しい写真を撮影しようと試みましたが、やはり夜では限界があるようです。あまり綺麗には写りませんでした。

Img_2482

Img_2637

お松明は19時30分頃に終了し、帰路につきました。

■PR(Amazonへのリンク)

2015年8月24日 (月)

【奈良の旅】東大寺二月堂:お松明を待ちながら空の色を楽しむ(2012年3月3日)

2012年3月3日。

夕方、修二会(お水取り)のお松明を拝見するために東大寺二月堂に向かいました。18時頃に二月堂前に到着しました。もうかなりの人出です。それでも、かなり二月堂の近くまで行くことができました。

Img_2468_2
(18時頃のようす)

これではちょっと前すぎて全体がよく見えないなと思い、少し後ろに下がることにしました。

15分くらいすると、空が次第に暗くなってきて、とてもいい色になりました。

(以下の3枚は18時15分頃の様子です)
Img_2621_2

Img_2622

Img_2623

この時の空の色がとても素敵でした。

18時30分頃になるとすっかり暗くなってしまいました。

お松明をご覧になるならば、18時15分頃までに二月堂前に着いて、美しい夕空を見ることをお薦めします。


■PR(Amazonへのリンク)

より以前の記事一覧

PR(Amazonへのリンク)

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Facebook

無料ブログはココログ