« ウズベキスタンみやげ:マトリョーシカ | トップページ | ウズベキスタン:レギスタン広場のウルグベク・メドレセ »

2006年5月22日 (月)

ウズベキスタンみやげ:とうがらし

2006年5月3日にタシケントのバザールへ行ったとき、同行者がいろいろと購入しているのを見て自分も何か買おうと思い、「とうがらし」を買うことにしました。

ガイドの人に聞いてもらって、いちばん辛いのを買いました。

とうがらしなどの香辛料は日本酒を飲むお猪口くらいの大きさの入れ物で量って売っていました。2杯分購入したのですが、価格は確か1杯で100スムだったと思います(記憶が定かではありませんが)。

Dsc00510
包装状態はこんな感じです。紙2枚を三角錐状にして唐辛子を入れ、上側を折り曲げてこぼれないようにしてあります。

Dsc00513
口を開けると中にとうがらしが見えます。

Dsc00517
とりあえず薬(キューピーコーワゴールドA)のビンに移し替えました。

味を確認するために少し嘗めてみました。味は日本で売っているカイエンペッパーと同じで、普段私が使っているものよりも辛くありませんでした。また粒の大きさは少し大きめでした。

Dsc00515
Dsc00516
包んであった紙を広げたら、何と本のページを破った紙でした。古文書という雰囲気ですね。後で辞書を引いて何の本だったのか調べてみます。

|

« ウズベキスタンみやげ:マトリョーシカ | トップページ | ウズベキスタン:レギスタン広場のウルグベク・メドレセ »

ウズベキスタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタンみやげ:とうがらし:

« ウズベキスタンみやげ:マトリョーシカ | トップページ | ウズベキスタン:レギスタン広場のウルグベク・メドレセ »