« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

ウズベキスタン出張記録(16)サマルカンドのシャーヒズィンダ廟群

2008年9月15日。16時前にシャーヒズィンダ廟群に到着しました。

例によって、銘板を撮影。
Dsc09748

ここはたくさんの廟があり、私にはどれがどれだか区別がつきません。階段を上りながら写真を撮り続けました。
Dsc09749

Dsc09750

Dsc09751

Dsc09752

Dsc09753

Dsc09755

Dsc09756

Dsc09757

Dsc09758


この階段を上るときと下るときに段数を数えて、段数が同じだったら天国に行けるそうです。私はここを3回か4回訪れましたが、いつも段数は一致しました。

Dsc09760


特急「レギスタン号」に乗る時刻が近づいたので、サマルカンド駅に向かうことにしました。

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

ウズベキスタン出張記録(15)ビビハニム・モスクとシヤブ・バザール

2008年9月15日。サマルカンドでの仕事は午後3時前に終わりました。午後5時の列車まで時間があったので、少し市内観光しました。

まず行ったのが、ビビハニム・モスクです。
Dsc09729

ここはちょっとだけ見学して、次にすぐとなりにあるシヤブ・バザール(市場)を見に行きました。

ドライフルーツなどを売っているところは、すでに「閉店」状態でした。
Dsc09736

Dsc09737

屋外の売り場に行ったら、こちらはまだ商売をしていました。いろいろな野菜、果物が売っていました。

スイカ
Dsc09738_2

Dsc09741

キャベツ
Dsc09739

ナスとパプリカ
Dsc09740

Dsc09742

Dsc09743

そのほかいろいろ。
Dsc09744

Dsc09745

Dsc09746

Dsc09747

特急「レギスタン号」の出発までまだ時間があったので、次に「シューヒズィンダ廟群」に行くことにしました。


| | コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

ウズベキスタン出張記録(14)サマルカンドのプレジデントホテルの朝食

2008年9月15日。プレジデントホテルの朝食は、バイキング形式です。

Dsc09706
朝食といえば、やはり卵にソーセージです。

Dsc09707_2
そして野菜とパン。

朝食後、部屋に戻って窓から見える風景を撮影しました。

Dsc09708

Dsc09709

Dsc09710_2

Dsc09711

Dsc09712
プレジデントホテルの正面。

この日は仕事です。9時半過ぎにホテルを出発しました。


| | コメント (0)

ウズベキスタン出張記録(13)サマルカンドのプレジデントホテル

2008年9月14日。サマルカンドのプレジデントホテルに宿泊しました。ここに泊まるのは3回目だと思います。このホテルのスタンダードルームは、シンプルな設備です。


Dsc09701
ベッド。

Dsc09703
テレビ。

Dsc09704
バスタブ。

Dsc09705
トイレ。


| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

ウズベキスタン出張記録(12) サマルカンドのプレジデントホテルの夕食

2008年9月14日。サマルカンド観光をおえて、プレジデントホテルに戻りました。プレジデントホテルの夕食は、バイキング形式です。ロビーに料理が並べられ、それを取ってロビー横にあるレストランで食べます。

Dsc09698

この料理は、ウズベキスタン訪問5回目で初めて出会いました。麺が大皿に盛ってあり、それをカップにとって野菜スープをかけます。スープの味は淡泊で、麺は堅めで、そうめんのような食感を期待していたのでちょっと残念でした。

そのほかの料理は、ウズベキスタンでよくお目にかかるものでした。

Dsc09697

Dsc09699

Dsc09700


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

ウズベキスタン出張記録(11) ウルグベク天文台跡

2008年9月14日。次に訪れたのはウルグベク天文台跡です。ここも訪れたのは4回目です。


Dsc09687

Dsc09688

六分儀の地下部分です。技術者の血が騒ぎます。


Dsc09689

天文台の基礎部分です。この上に円筒形の大きな建物があったとのことです。


Dsc09690_2

Dsc09691

資料館の中の展示です。上の写真には、ウルグベクが観測から導き出した1年の長さが記されています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »